今大注目の「ウェルビーイング」を向上させるアウトドアアクティビティ4選

突然ですが、「ウェルビーイング」って言葉、ご存知ですか?

英語の「well-being」から来ていて、一般的に「幸せ」と訳されますが、ハッピーの幸せではなく、満足した生活を送れる状態、つまり「多面的な幸せ」という意味だそうです。

今巷で、忙しい日々に埋もれがちな現代人の間では「ウェルビーイング」であることが大切だと、今注目が集まっています。

そんな中、多くの研究によると、屋外での運動は、私たち人間の健康に大きな効果をもたらすと言われています。

例えば、気分を良くしたり、血圧を下げたり、ストレスを解消したり、脳の活動を活発にしたり…。多方面でプラスの効果があるのです。

簡単に言えば、外で時間を過ごすことは、体に良い=幸せな状態ということなんです。

さらに、アウトドアアクティビティをすれば、ジムの会員になる必要なんてありませんよね?

とはいえ、どんな楽しいアクティビティがあるのでしょうか?ここでは、「ウェルビーイング」を向上させるようなアクティビティをいくつかご紹介します!

サイクリング 

サイクリングは、体と心の両方に多くのメリットがあります。

まず一つ目としては、下半身のトレーニングにぴったり。ふくらはぎ、ハムストリングス、大腿四頭筋などを鍛えることができます。また、有酸素運動にもなるので、心肺機能を高め、さまざまな病気の発症を予防できます。

さらに、サイクリングは大きな運動量を必要としないため、怪我や関節痛に悩んでいる方でも気軽に取り組むことができます。バランスを保つようにしながらペダルを踏むと、筋肉の協調性が高まります。

サイクリングはストレス解消にも優れており、家族や友人との絆を深める良い機会にもなるのです。 

水泳 

水泳は、美しいビーチやプールを楽しむだけのものではありません。水泳もまた、体に負担をかけない運動であり、怪我の回復や体型の維持に役立ちます。

水の抵抗を受けながら泳ぐことで、筋力がアップし、体力もつきます。その上、このアウトドアアクティビティは柔軟性を高め、筋肉を伸ばしてくれます。

水に浮かんでいる間は、ストレスが取り除かれ、さらにリラックスした状態になります。リズミカルな呼吸や動きは、瞑想的な効果もあることを覚えておくとよいでしょう。

ハイキング 

ハイキングにはさまざまな形があります。有酸素運動の一環として、静かに散歩することもできます。

下半身と上半身を鍛えることができ、心臓の健康にも優れているという点も重要です。また、体重を支える運動として、骨密度を高める効果もあります。

ハイキングは、創造的思考や問題解決能力を高めるのに役立つ、ってご存知でしたか?トレイルや森の中を歩いていると、水のせせらぎや鳥の鳴き声などの自然の音が聞こえてきます。これらの音は全体的な健康に役立ち、神経をリラックスさせてくれます。

ヨガ 

最後になりますが、ヨガも素晴らしいアウトドアアクティビティのひとつ。ヨガは体と心のワークアウトを組み合わせたもので、体と心に最適です。

新鮮な空気を吸いながら、自分の「ウェルビーイング」に集中することで、すべての心配事が消えていくのを感じることでしょう。自然とのつながりは、血圧を下げたり、免疫力を高めたり、ストレスを軽減したり、さまざまな病気の予防につながったりすることが知られています。